不動産が売れない原因とは?改善策もご紹介
不動産売却 2022.05.17

不動産が売れない原因とは?改善策もご紹介

不動産を売りに出しているけれど、なかなか売却できないと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、しっかり原因を把握し改善することで、売却できる可能性は高くなります。
そこで、不動産売却をご検討中の方に不動産が売れない原因や改善策についてご紹介していきます。

 

 

不動産が売れない原因とは?

不動産が売れない原因は、「その不動産を買いたいという需要がない」からです。
しかし、原因をはっきりさせることで、売れない不動産から売れる不動産にすることは可能です。
不動産が売れない原因を建物・土地にわけてそれぞれ確認していきましょう。
建物が売れない理由は下記の3つのことがあげられます。

 

売り出し価格が適正でない

不動産自体の価値に対して価格が割高であることが多く、なかなか買い手がつかないことがあります。

 

立地条件に問題がある

買主は利便性が高い物件を選ぶ傾向にあるため、立地条件が悪いと不動産が売れにくくなってしまいます。

 

建物自体に問題がある

買主にとって、内覧時などの印象はとても重要で、外壁の汚れや清掃がきちんとおこなわれていないと悪い印象となってしまいます。

土地が売れない理由としては下記の2つがあげられます。

 

周辺に土地の需要がなく余っている

土地が売れない最大の理由は、土地の需要がほとんどなく余っている場合です。

 

土地の状態が確定していない

境界など土地が確定していないと、買主は不安になり売れにくくなります。

 

 

不動産が売れない場合の改善策

では、上記のような原因を踏まえ、不動産が売れない場合の改善策をご紹介していきます。

 

媒介契約の見直し

不動産会社との媒介契約の種類は「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つです。
もし、「一般媒介契約」の場合で、「もっと営業を増やしてほしい」など希望がある場合は、「専任媒介契約」や「専属専任媒介契約」に変更することで、より積極的に売却活動を進めてもらえます。

 

瑕疵を解消してから売却する

建物の場合は、改修工事をしたり水回りなどを綺麗にしたりすることで売却しやすくなります。
土地の場合は、境界をはっきりさせたり、土壌汚染調査をおこなって汚染がないことを証明しておくと売却しやすくなります。

 

登録免許税を売主が負担する

登録免許税を売主が負担することも売りやすくする方法の1つです。
登録免許税は、商習慣によって買主が負担することが一般的になっていますが、売主が負担しても問題はありません。
そのため、登録免許税を負担することを条件に買ってもらえるケースもよくあります。

 

 

まとめ

不動産が売れない原因と改善策についてご紹介してきました。
もし、不動産が売れないとお悩みの方は、ぜひご相談ください。

ネクストライフでは、岡山県倉敷市を中心に不動産情報をご紹介しております。

不動産の相続や住宅に関するご相談も承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

 

弊社へのお問い合わせはこちら >

 

弊社のホームページはこちら >

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 日々新しい不動産物件が入ってきております。
    この他にも様々な不動産物件がございます。
    お客様のご要望に合わせて、様々なご提案をさせていただきます。
    是非一度、当社までご連絡をお願いいたします。

    Contact