不動産売却における査定書とは?覚えておきたい見方のポイント
不動産売却 2022.12.06

不動産売却における査定書とは?覚えておきたい見方のポイント

不動産売却を決めた場合、まず最初にいくらぐらいで売却できるのか査定してもらうことになります。
その後に届くのが査定書ですが、どのようなポイントに着目すべきなのかわからずに困っていたりしませんか。
この記事で解説していくので、岡山県倉敷市周辺で不動産売却を検討している方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

不動産売却に必要な情報の査定書とは?

査定書とは、不動産売却前に実施する査定の結果をまとめた書類のことです。
さらに詳しく述べると、査定書は下記2種類存在します。

 

 1:不動産仲介会社が作成する査定書

 2:不動産鑑定事務所が作成する査定書

 

不動産仲介会社が作成する査定書とは、不動産が市場でいくらで売れているのかを把握する際に利用されて、料金は無料です。
これに対して、不動産鑑定事務所が作成する査定書とは、公的な効力を持つ書類であり、作成料として20万円ほど発生します。
このように、両者は作成される目的と料金の有無が異なると覚えておきましょう。

 

 

 

不動産売却で使用される査定書の見方

ここからは、査定書の見方を解説していきます。
まず、査定書には下記のような項目が書かれているのでチェックしてみましょう。

 

 1:不動産の査定価格

 2:査定価格の根拠

 3:物件の概要

 4:査定した担当者からのコメント

 

ここで一番大事になってくるのは、査定価格とその根拠です。
どのような基準で査定価格が算出されたのかを知ることができるので、不動産売却時に参考にしてみてください。
また、コメントとして周辺エリアの売買事例が書かれていることもあります。
売却する物件と、周辺エリアの売買事例を比較することで、適切な売却価格を決められるでしょう。
査定書の見方がわかると、不動産売却にお役立ていただけます。

 

 

 

不動産売却における査定書のなかでとくに押さえておきたいポイント

査定書のなかで押さえておきたいポイントは、査定価格の根拠です。
算出された査定価格に幅がある場合は、データの根拠に信憑性がない可能性があるため、査定した会社へ問い合わせてみてください。

また、査定書の見やすさもポイントです。
査定書の見やすさは、契約後の集客ツールもわかりやすく宣伝してもらえる可能性に繋がります。
この他のポイントは、成約時期の目安が書かれていることです。
適正な成約時期が書かれていると、売却活動のスケジュールが組み立てやすくなります。
くわえて、成約時期までに売却できなかった場合の対応まで想定されていると、より信頼が高まります。

 

 

 

まとめ

査定書は、不動産売却において売れる予想価格が書かれている大切な書類です。
算出された査定価格だけでなく、周辺の売買事例などを参考にしながら売却価格を決めていきましょう。

ネクストライフでは、岡山県倉敷市を中心に不動産情報をご紹介しております。

不動産の相続や住宅に関するご相談も承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

 

弊社へのお問い合わせはこちら >

 

弊社のホームページはこちら >

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 日々新しい不動産物件が入ってきております。
    この他にも様々な不動産物件がございます。
    お客様のご要望に合わせて、様々なご提案をさせていただきます。
    是非一度、当社までご連絡をお願いいたします。

    Contact