不動産売却における司法書士の役割は?登記の依頼をするメリットをご紹介!
不動産売却 2023.02.28

不動産売却における司法書士の役割は?登記の依頼をするメリットをご紹介!

日常生活では関わりの薄い司法書士には、どのような役割があるのかご存じの方は少ないと思います。
ここでは、不動産売却における司法書士の役割、登記を依頼するメリットや費用をご紹介いたします。
とくに不動産の売却を検討中の方は、ぜひご覧いただき、参考にしてみてください。

 

 

 

不動産売却における司法書士の役割は?

司法書士とは、専門的な法律知識に基づいて、登記や供託の代理をおこなう国家資格者です。
具体的には、法律の専門家として、裁判に関する業務、相続・債務整理などに関する業務、抵当権の抹消や所有権移転登記など、不動産登記に関する手続きをおこなう職業です。
不動産売却においては、土地や建物の所有者を変更する所有権移転登記の手続きを司法書士に依頼すると、スムーズに進みます。
費用はかかりますが、安心して手続きするためにも、登記は司法書士に依頼するようにしましょう。

 

 

 

不動産売却において登記を司法書士に依頼するメリットは?

不動産売却において登記を司法書士に依頼する大きなメリットは、高額になりやすい不動産取引に関わるトラブルに遭うリスクを減らせる点です。
もし、買主がお金を支払わなくて債務不履行の状況になった場合にも、司法書士に依頼していたのであれば、司法書士に対して損害賠償を請求できます。
ほかにも、登記は専門的な手続きとなるため、知識と労力を要しますが、それらを省ける点もメリットです。
それだけでなく、所有している不動産が遠方である場合、管轄している法務局に出向かなければならないため、その時間を省けるのもメリットです。

 

 

 

不動産売却で司法書士に依頼する際に売主が負担する費用は?

不動産を売却する際には、売主は、不動産に関する権利が何もない状態にして、買主に不動産を引き渡す必要があります。
そのため、抵当権の抹消に関する登記費用は、売主の負担になります。
それを司法書士へ依頼した場合の費用相場は、5千円から1万円程度です。
そして、所有者の現住所が登記上の住所と違う場合は、住所変更登記が必要となります。
また、登記上の所有者の氏名が、現在の氏名と婚姻などにより異なっている場合は、氏名変更登記が必要となります。
住所変更登記や氏名変更登記を司法書士に依頼する場合の費用相場は、1万円から1万5千円程度です。

 

 

 

まとめ

司法書士は不動産売却において重要な役割を持ち、登記を依頼すると、トラブルに遭うリスクを減らしたり、労力と時間も省いたりできます。
費用はかかりますが、上記のようなさまざまなメリットがあるため、不動産売却における登記は司法書士に依頼するようにしましょう。

ネクストライフでは、岡山県倉敷市を中心に不動産情報をご紹介しております。

不動産の相続や住宅に関するご相談も承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

 

弊社へのお問い合わせはこちら >

 

弊社のホームページはこちら >

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 日々新しい不動産物件が入ってきております。
    この他にも様々な不動産物件がございます。
    お客様のご要望に合わせて、様々なご提案をさせていただきます。
    是非一度、当社までご連絡をお願いいたします。

    Contact