不動産売却におけるリースバックとは?メリット・デメリットについて解説!
不動産売却 2022.02.08

不動産売却におけるリースバックとは?メリット・デメリットについて解説!

ご自宅の売却をご検討中の方にとっては、リースバックがどんなものなのか、気になっている方も多いかと思います。
なんとなく内容をわかっていても、その詳細を事前にしっかりと知ってから売却を検討することが大切です。
今回は、不動産売却におけるリースバックとはなにか、そのメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。

 

不動産売却におけるリースバックとはどんなもの?

自宅を売却する方法の1つとしてあげられるリースバックですが、そもそもどんな制度のことを意味するのか、あまりよくわかっていない方も多いかと思います。
リースバックとは、家を売却した売却金額で残りの住宅ローンを返済し、その後賃貸として家賃を払いながら住むという売却方法です。
よく「リバースモーゲージ」という言葉を耳にされた方も多いかと思いますが、それとは少し仕組みが異なります。
リバースモーゲージでは、自宅を担保として金融機関から融資を受けますが、そのようなことはリースバックにはありません。
リースバックでは、自宅を売却したお金でローンの完済をおこない、その後はあくまでも買主に家賃を払いながら家に住み続ける方法になります。

 

不動産売却でリースバックを活用するメリット

リースバックのメリットは、自宅を売却してもそのまま住み続けることが可能になる点です。
ご自宅の売却を考えられている方にとっては、住宅ローンの返済が困難になってしまった場合や、家の維持費などが支払い続けられなくなってしまった方もいるかと思います。
「長年住み続けたマイホームを手放したくないけれど、売却はしたい」とお考えの方にとっては、リースバックは大きなメリットになるのです。
またリースバックをおこなうと、自宅が賃貸物件という扱いになるため、所有権がなくなり、相続や維持費用などの心配もなくなります。
これらのリスクを負わずとも自宅に住み続けられる点は、やはりリースバックの最大の強みです。

 

不動産売却でリースバックを活用するデメリット

費用の面でも、暮らしの面でも大きなメリットがあげられるリースバックですが、検討される際は2つのデメリットも考慮しておく必要があります。
1つ目のデメリットは、自宅の売却価格が市場よりも安くなりやすいという点です。
そのため普通に売却したときの金額よりも、少し安い価格になることを覚えておくことが大切になります。
2つ目のデメリットは、リフォームなどがおこなえなくなる点です。
というのも、売却をすると家の所有権がなくなるため、これらに関する一切の権利がなくなってしまいます。
リースバックを検討される際は、これらの点をしっかり考慮しておくようにしましょう。

 

まとめ

今回は、不動産売却におけるリースバックとはなにか、そのメリットやデメリットについてご紹介しました。
お住まいの売却をご検討中の方にとっては、これらのポイントをしっかり踏まえて事前に確認しておくことが大切です。
今回ご紹介した点を参考にして、リースバックのご検討に役立ててみてください。

ネクストライフでは、岡山県倉敷市を中心に不動産情報をご紹介しております。

不動産の相続や住宅に関するご相談も承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

 

弊社へのお問い合わせはこちら >

 

弊社のホームページはこちら >

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 日々新しい不動産物件が入ってきております。
    この他にも様々な不動産物件がございます。
    お客様のご要望に合わせて、様々なご提案をさせていただきます。
    是非一度、当社までご連絡をお願いいたします。

    Contact