不動産を売るときに確認しておくべき項目について解説
不動産売却 2022.10.11

不動産を売るときに確認しておくべき項目について解説

いざ不動産を売ろうと決めたとき、どんなことをしておくと良いでしょうか?
ここでは、不動産売却時に必要な、名義の変更、土地・建物の状態や周辺環境の確認すべきポイントなどをご説明します。

 

 

不動産を売るときの確認事項〜名義〜

まず第一に、不動産を売るときは、対象不動産の名義がどうなっているのかを、登記事項証明書(登記簿謄本)や権利証(登記識別情報通知)でよく確認しましょう。
とくに相続した不動産の場合、名義を相続人に変更しなければ売却手続きをすることができません。
よって名義変更の手続きをまずおこなう必要があります。
また、他の親族との共同名義になっている場合は、共同名義人と相談しながら手続きを進めていく必要があります。

 

 

不動産を売るときの確認事項〜土地・建物の状態〜

次に、売る前に、土地・建物の状態を売主が確認していく必要があります。
土地の境界線については、売却時に問題となりやすいため、売買契約締結時の書面や隣人同士での合意事項なども含め、慎重に確認しましょう。
不動産売却時には、土地測量図や境界確認書が必要となります。
また、境界線を越えてブロックや木の枝、屋根のひさしなどが出ている場合、このような越境物について、隣の土地所有者や買主と話し合い納得してもらう必要があります。
また、建物についても、住宅設備や水道などの不具合や、雨漏りやシロアリ被害などの問題がある場合、あらかじめ買主に説明しておく必要があります。
こうした説明をせずに、売却後に欠陥が見つかった場合、契約不適合責任を問われ、買主から欠陥部分について修補請求される可能性があります。
建物の状態を確認し、必要な箇所は修繕を施すとともに、不具合についてはきちんと伝えるようにしましょう。

 

 

不動産を売るときの確認事項〜周辺環境〜

くわえて、対象不動産の周辺環境についても確認が必要です。
買主が購入後も快適に住めるためには周辺環境が重要です。
近隣トラブルは、主観的な側面があり難しいかもしれませんが、一般的な常識に照らして問題があるようなら、あらかじめ仲介担当者や売主に伝えておくようにしましょう。
あまりひどいものだと、あとで売主が契約不適合責任を問われかねません。
最寄り駅についても、広告表示と実際のアクセス時間が違うことがよくありますが、こうした点も伝えると良いでしょう。
また周辺道路の状況など、居住のうえで気を付けるべき点があれば伝えましょう。

 

 

まとめ

不動産を売る際の事前準備として、不動産の名義・状態・周辺環境など、まず既存の書面をよく確認するとともに、隣人・買主の方にも納得してもらうことが肝要です。
そのうえで不明点があれば、専門家に相談するのが良いでしょう。

ネクストライフでは、岡山県倉敷市を中心に不動産情報をご紹介しております。

不動産の相続や住宅に関するご相談も承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

 

弊社へのお問い合わせはこちら >

 

弊社のホームページはこちら >

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 日々新しい不動産物件が入ってきております。
    この他にも様々な不動産物件がございます。
    お客様のご要望に合わせて、様々なご提案をさせていただきます。
    是非一度、当社までご連絡をお願いいたします。

    Contact