令和6年4月1日施行 相続登記義務化をご紹介
不動産売却 2023.06.04

令和6年4月1日施行 相続登記義務化をご紹介

令和6年4月1日より、いよいよ相続登記義務化スタートです

 

相続により(遺言による場合を含みます。)不動産を取得した相続人は、相続により所有権を取得したことを知った日から3年以内に相続登記の申請をしなければならないこととされました。

 また、遺産分割協議の成立により、不動産を取得した相続人は、遺産分割協議が成立した日から3年以内に、その内容を踏まえた登記の申請をしなければならないこととされました。
 なお、正当な理由(※)がないにもかかわらず申請をしなかった場合には、10万円以下の過料が科されることがあります。

※正当な理由の例
(1)相続登記を放置したために相続人が極めて多数に上り、戸籍謄本等の必要な資料の収集や他の相続人の把握に多くの時間を要するケース
(2)遺言の有効性や遺産の範囲等が争われているケース
(3)申請義務を負う相続人自身に重病等の事情があるケース など

 

 

家族間で、トラブルが起きる前に相続登記を行いましょう。

 

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 日々新しい不動産物件が入ってきております。
    この他にも様々な不動産物件がございます。
    お客様のご要望に合わせて、様々なご提案をさせていただきます。
    是非一度、当社までご連絡をお願いいたします。

    Contact