不動産買取は仲介と比べて何が違う?オススメな理由と注意点を解説
不動産売却 2022.09.20

不動産買取は仲介と比べて何が違う?オススメな理由と注意点を解説

不動産売却は、買取と仲介のどちらのほうが売却しやすいのでしょうか。
不動産売却を検討されている方のなかには、買取で売却をしようか悩まれている方もいらっしゃるかと思います。
今回は、仲介と比較したときの買取のメリットやデメリットについてご紹介します。

 

 

不動産買取と仲介の違いとは

不動産売却の方法には、買取と仲介があります。
買取とは、不動産会社に買い取ってもらう方法で、売主が不動産会社と直接交渉を進めるため、条件が合えばすぐに売却できます。
買主を見つけて売却するわけではないので、広告を出したり内見をおこなったりする必要はありません。
仲介とは、不動産売却の一般的な方法となります。
仲介は、不動産会社と媒介契約を締結し、不動産会社が買主を探してくれる売却方法です。
仲介は、買取と比べると、広告を出したり内見をおこなったりする必要があるため、売却までの期間が長い傾向にあります。

 

 

不動産買取のメリットとは?仲介と比べた買取の特徴

仲介と比較した買取のメリットについて説明します。

 

短期間で売却できる

買取は、不動産会社と直接交渉をして、条件が合えばすぐに売却することができるので、仲介と比べると短期間で売却できます。

 

契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)が免除される

契約不適合責任は、雨漏りやシロアリ被害などの不適合がある不動産を売却した場合に、売主がその不適合の責任を負わなければならないことです。
不動産売却では、契約不適合責任が問題となることが一般的ですが、買取だとこれが免除されます。

 

近隣に知られることなく売却できる

仲介は売却することを近隣に知られてしまう可能性が高いですが、買取は不動産会社と直接やりとりするだけで売却をおこなうので、売却することを近隣に知られる可能性は低くなります。

 

 

不動産買取のデメリットとは?売却前に確認しよう

仲介と比較した買取のデメリットを説明します。

 

売却価格が市場価格より少し低い

買取の場合、仲介と比べると市場価格よりも売却価格が1~3割程度低くなってしまう傾向にあります。
不動産会社が買い取った不動産を改めて商品化する際に、リフォームや修繕をするため、これらの費用が差し引かれるためです。

 

買取できない不動産もある

不動産が大きく破損していたり、使用・保存状況が良くなかったりする場合には、買取ができない可能性もあります。
リフォームやリノベーションをしても直らなかったり老朽化していたりする場合には、再度商品として販売することは難しいからです。

 

 

まとめ

今回は、不動産の買取と仲介についてご紹介しました。
一般的に、買取は不動産会社と買主が直接交渉して売却をするため、仲介と比べると短期間で売却が可能です。

ネクストライフでは、岡山県倉敷市を中心に不動産情報をご紹介しております。

不動産の相続や住宅に関するご相談も承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

 

弊社へのお問い合わせはこちら >

 

弊社のホームページはこちら >

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 日々新しい不動産物件が入ってきております。
    この他にも様々な不動産物件がございます。
    お客様のご要望に合わせて、様々なご提案をさせていただきます。
    是非一度、当社までご連絡をお願いいたします。

    Contact