リースバックの契約書は注意が必要!記載内容と失敗しない方法を紹介!
不動産売却 2022.10.25

リースバックの契約書は注意が必要!記載内容と失敗しない方法を紹介!

こんにちは!

岡山県倉敷市で不動産売買を行っているネクストライフの広報です^0^

 

 

ネクストライフがある倉敷でも不動産売却の手法として、住宅ローンの軽減や資金調達ができるリースバックが注目を集めています。

しかし、悪質な契約を行いトラブルが増加している現状もあります!

そこで注意しなければならないのが、トラブル回避のために、契約書の記載内容をしっかりと把握することです。

ここでは、岡山県倉敷市全域、都窪郡早島町全域、総社市全域にお住まいの方に向けて、リースバックのトラブルにならないよう、リースバックの売買契約書と賃貸借契約書の記載内容についてご紹介します。

こちらの記事をご参考にリースバックのトラブル回避を行いましょう^^

 

 

 

目次

・そもそもリースバックとは?

・リースバックの売買契約書に記載されている内容とは?

・リースバックの賃貸借契約書に記載されている内容とは?

・リースバックの契約書には特約が記載されている場合もある!

・まとめ

 

 

 

 

 

そもそもリースバックとは?

基礎知識として「リーズバック」について簡単に説明をしておきます。

リーズバックとは、

自宅を不動産屋に売却し、売却後に賃貸契約を結ぶことです。

一般的にはまとまったお金が必要な時などの資金調達に使用されることが多く、メリットとしては売却後にも賃貸契約を行なっていますので、そのまま住み続けれるメリットがあります。

倉敷の不動産会社、ネクストライフにも年間に数件のリーズバックのご相談をいただいています。

しかし、自宅という大きな資産を運用しますので、慎重な判断やしっかりとした契約内容を結ばなければ「後悔」や「自宅を失う可能性」がありますので注意が必要です。

今回は「後悔」に繋がらないためにリースバックの契約書について詳しくお話をしていきます!

 

 

 

リースバックの売買契約書に記載されている内容とは?


【リースバックの売買契約書内容:契約者名】

リースバックの売買契約書に書かれていることが契約の内容となってきますのでしっかりと確認をおこましょう。

リースバックの売買契約書では、まず「契約者名(売主)を確認」しましょう。
ここでの注意点は売買する不動産が共同名義になっている場合、売買契約をおこなうには名義人全員の署名と印鑑証明が必要となります。

例えば、ご主人と奥様の共同名義だった場合はお二人の署名と印鑑証明が必要ということです。

倉敷のネクストライフでも共同名義でもご契約が多くあり注意すべきポイントです。

 

【リースバックの売買契約書内容:決算日】

資金調達が主な目的とするリースバックの場合は、決算日のタイミングが重要となります。

リースバックの契約書にある売買価格と決済日の確認を忘れないようにしましょう。

資金が必要となるタイミングにお金が入ってこないとなると、何のためにリースバック契約を行うのか分からなくなってしまいます。

また、将来的に買い戻しを検討している場合は、買い戻しができる期間や買戻価格などの条件を決めておく必要があります。
リースバックの売買契約書に記載されている内容が間違いないか注意しましょう。

 

 

 

リースバックの賃貸借契約書に記載されている内容とは?

リースバックの賃貸借契約書で確認すべき点は、契約期間です。

リースバックの賃貸借契約書には、普通借家契約と定期借家契約どちらの契約なのかが記載されています。

普通借家契約では、解約しない限り半永久的に家を借りることができます
一方、定期借家契約では、不動産を借りる期間があらかじめ決まっています

その場合には、契約の更新や延長はなく、契約満了時に退去しなければいけません。
契約期間終了後以降も住み続けたくなった場合は、貸主と借主で話し合う必要があります。
双方が合意したときのみ、再度定期借家契約を結ぶことが可能となるのです。

普通借家契約と定期借家契約では、住める期間が異なるため、リースバックの賃貸借契約書では契約期間に注意しましょう。

このように契約内容によって大きく異なる点があるので、しっかりと契約内容の隅々まで目を通し、理解して契約をしなければ「大きな後悔」となってしまいます。

 

 

 

リースバックの契約書には特約が記載されている場合もある!

リースバック契約ではさまざまな特約を付けられる場合があるため、どのような特約が入っているのかもしっかりと確認しましょう。

例えば、リースバックで売却した不動産を買い戻すためには、買戻特約を交わせなければいけません。買戻特約」があれば、決められた期間内に不動産を買い戻すことができますが、買戻特約がなければ不動産を買い戻すことができなくなってしまいます。

また、定期借家契約の場合でも、特約を付ければ中途解約が可能となります。
(※定期借家契約は、原則的に中途解約ができません。)

解約には違反金が発生する可能性があるため、必要に応じて特約を付けましょう。
他にも、不動産を利用するうえでの禁止事項や契約違反のペナルティについて契約書に記載されています。
リースバックの契約書にしっかりと目を通し、どのような特約があるのかしっかり把握しておきましょう。

 

 

 

まとめ

リースバックの契約書には、契約に関する詳細な内容が記載されています。
契約書に記載される内容を把握し、契約後のトラブルを回避しましょう。

しかし、リースバックの契約書などには細かい字や難しい言葉で書かれている事も多く、ご自身では見落としてしまう可能性もあります( ;  ; )

そこでオススメなのが「信頼できる不動産会社を探す」です!

信頼できる不動産会社であればお客様に変わりトラブルとなる契約内容や注意事項の説明もお客様に分かりやすい言葉で伝え、トラブルを未然に防いでくれます^^

先ずは信頼できる不動産会社を探しご相談することをお勧めします。

 

最後に

岡山、倉敷にお住まいの方で信頼できる不動産会社を知らない」「現在の不動産会社が言っていることが不安」という方、倉敷のネクストライフにご相談ください!

ネクストライフでは、岡山県倉敷市を中心にトラブル件数0件で不動産の売買を行なっています。

もちろんリースバック契約でもトラブル0件です。

トラブルがないようにしっかりとした説明、ご理解をしていただき、取引を行なっていますのでトラブル0件を実現できているんです!!!

ご相談だけでも承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください^^


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

 

弊社へのお問い合わせはこちら >

 

弊社のホームページはこちら >

 

 

 

株式会社 ネクストライフ

電話: 086-436-7810

〒710-0803 岡山県倉敷市中島 プレズィール

営業時間: 10:00〜18:00

定休日:水曜日

 

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 日々新しい不動産物件が入ってきております。
    この他にも様々な不動産物件がございます。
    お客様のご要望に合わせて、様々なご提案をさせていただきます。
    是非一度、当社までご連絡をお願いいたします。

    Contact